青汁を毎日飲むのは意外と辛い|比較して飲みやすい商品を手に取ろう

青汁

見比べる意義

種類が同じ野菜でも、使う部位によって、含まれる栄養や味にも違いがあります。そのため細部まで比較することで、希望に叶った青汁が購入できるといったメリットがあるのです。また、便秘を改善するために青汁を選ぶ場合は、水溶性食物繊維に着目して比較することが、効果的な青汁を選ぶ極意となります。

婦人

ダイエットでも人気沸騰

スッキリ飲める青汁が増えたこともあり、青汁を使ったダイエットも脚光を浴びています。痩身目的で飲む場合は、野菜と合せて果物の栄養も一緒に摂れる物が良く、酵素や美容成分なども比較して選ぶことがポイントです。また、購入する際は定期購入で申し込みますと、割引価格で買えるうえ、ストック切れの防止に役立ちます。

レディ

青臭い味が苦手なら

青臭い味が苦手な場合は、ケールの配合量が少ない青汁を選ぶなど、原材料に着目することがポイントです。そこで各商品を比較する時は、大麦若葉や明日葉などを使った青汁を選びましょう。また、一層飲みやすい物を希望する際は、果物も入っているフルーツ青汁がおすすめです。

毎日続けられる物を選ぼう

カップル

美味しい1杯の見つけ方

たくさん種類があるため、青汁を買う時は各製品を比較することも一般的ですが、飲みやすさで比較することも大切です。青汁は毎日続けて飲むことで健康効果を得られますから、不味くて飲めない物を購入しても意味がありません。そして、比較する時のコツは、青汁に使われている野菜をチェックすることです。たとえば大麦若葉が主材料として使われていれば、比較的飲みやすい青汁になっています。それでいて栄養価も高く、鉄分はケールの概ね2倍、ビタミンCはホウレン草の概ね5倍など、ミネラルやビタミンも豊かな野菜です。また、明日葉も飲みやすさでは定評がありますから、比較する際はこの野菜に注目しても良いでしょう。明日葉にはニンジンの概ね5倍のビタミンEが入っており、さらにカルコンという独自のポリフェノールが入っていることも魅力です。使われている野菜が違えば味も違いますので、その点を比較して、飲みやすい青汁を探してください。そのほか、もしも原材料を比較するのが面倒なら、販売メーカーを比較するという方法もあります。特に飲料メーカー系なら、清涼飲料水の開発で培われた技術が反映されておりますので、味わいにも一工夫された青汁が多くなっています。糖分の取り過ぎを控えるため、砂糖がたっぷり使われているような青汁は避けた方が無難ですが、オリゴ糖などは別です。オリゴ糖はお腹の中の善玉菌のエサとなり、便秘の解消にも役立つ成分ですから、腸内環境を整える青汁を比較する際は、押さえておきたいポイントになっています。